赤ちゃん肌の作り方

赤ちゃん肌には程遠い・・・赤ちゃん肌の作り方が知りたいものです

私にとってニキビは「生理前にできるもの」でした。
それが、ある日の朝、起きてみると顔中にニキビが出来てしまっていたのです。

 

当時私は酷い花粉症のために気管支炎を起こしてしまって、寝る時にもマスクをしていないと眠れない状態でした。気管支を広げるために使っていたホクナリンテープで副作用を起こしたり、体調がすごく悪い日が何日も続いていて、そんな時にできてしまった大量のニキビでした。

 

体が辛かったせいもあって、その大量のニキビが酷いストレスになり、とにかく一日でも早く治そうと必死になる一方で、誰にも見られたくなくマスクを手放せなくなったのですが、マスクをしていてもわかるほどに大量のニキビは友人に「どうしたの?」と心配されたほどです。

 

とにかく毎日毎日泣きたい気持ちでいっぱいで、化粧品をかえたり皮膚科に何軒も通ったりしましたがまったく良くなりませんでした。

 

そんな時、今まで悩んで泣いてばかりだったのが嘘のように、突然「もういいや」と諦めの気持ちが出てきて、皮膚科通いもやめて、いろいろ使っていた化粧品もやめて、洗顔と化粧水だけのシンプルなケアにしてマスクも外しました。()

 

そうすると、不思議なことにニキビはどんどん減っていったのです。

 

それから5年、あの頃のニキビがもたらしたニキビ跡が酷くてシミのようになって気にはなりますが、以前のようにニキビは「生理前にできるもの」に戻りました。

鼻の中にできるニキビは辛い

以前からニキビのできやすい体質な私。
小学校高学年からほっぺたとおでこのニキビに悩まされています。

油物の取りすぎだから野菜を食べなさいと親に言われ野菜を中心にしてもなかなか改善されず、
皮膚科に行ってもまた出来て治っての繰り返し。
大人になればよくなると言われいざなってみたものの治らない。

妊娠中もずっとニキビに悩んでいました。
つわりのせい、産めばよくなると言われいざ産んでも治らず。
もう体質なのかと諦めています。

一番辛いのは鼻の中にできるニキビ。
痛いのなんのって、鼻を噛むことですら激痛。

あまりに辛すぎたのでネットで原因を調べてみたら、鼻をいじったり、汚い手で触るとできる。
と書いてありショックでした。
振り返ってみればいじってたな、触ってたなと自分反省しましたが、やっぱりまたすぐできてしまう。
そんなに触ってないと思いながらもここ最近鼻ニキビと戦っています。

ニキビ体質を改善するには、代謝をよくする、睡眠を十分にとる、顔をしっかりあらう、脂っこいものは控えて野菜中心にする、
顔を一日二回以上洗う、などいろいろ書いてありますが、自分ではできてるつもりなのにやっぱりニキビができてしまう。
でき始めは痒くてできると膿がたまってい痛いし、ファンデーションを塗って余計に悪化するという悪循環。

なにが一番いい対策なのでしょうか未だに分かりません。
小さい子どもがいるので、あまり高い化粧水を買うことはできず、自分に使えるお金もほとんどないので、
自分で努力するしかないですよね、ストレスを溜めない事が一番なのでしょうか。


子育にイライラはつきものだしましてや、上の子は二歳の一番大変なとき。
周りに頼ることもあまりできないのでいまはストレスが原因なのではないかと思っています。

子どもがもう少し大きくなったらもっと高い化粧品にチャレンジしてみようかと思います。
代謝をあげるためにウォーキングでも始めようかな。沢山汗をかいてデトックスできたらストレスも減るような気がします。

鼻のニキビだけはもうこりごりです。

ちなみに、お尻のニキビも気になっていたのですが、対策方法など参考なったサイトはココ←でした。